実年齢より若いアイツと俺で何が違う!?ダンディなおじさまになる道標

髭がたくさん生えたおじさん男の悩み・本音
男の悩み・本音

「40代になって、おじさん扱いされる機会が増えた……」

中年に足を踏み入れ、まわりからの見る目が若い頃と変わったと感じる男性は多いでしょう。気持ちは若くても、おじさん扱いされてしまうとショックなものです。

おじさん扱いされる中年男性もいれば、女性からの人気も高い、いわゆる「モテおじさん」もいます。同じように年をとるなら、女性から好意を向けられたいですよね。

おじさんではなくダンディなおじさまになりたい人は、実年齢より若く見られる方法を知り、大人の男の魅力をアップさせましょう。大人の余裕と包容力がある男性になれば、女性にもモテますよ。

実年齢より若く見られるとモテおじさんになれる

ジャケットを腕に持っている男性

年齢より老けて見える男性がいれば、若く見える男性もいますよね。実年齢より若く見られる男性のほうが、女性からモテやすい傾向にあります。

年齢を重ねると、誰でも肌にハリがなくなったり白髪が増えるなど、見た目も変化するでしょう。しかし、加齢とともに起こる変化を放置していると、いわゆる残念なおじさんになってしまいます。40歳を過ぎても女性にモテる男性の多くは、若く見られる努力をしているのです。

女性は実年齢より見た目で決める

男性の顔を見る女性

女性が男性を見る際に、実年齢より見た目の年齢を重視することが多いといえます。「中年」と呼ばれる年齢の男性も、若々しい見た目をキープしていれば、女性からモテる可能性が高くなります。

女性にモテたいなら、30代くらいの見た目が理想的です。30代というと、仕事や恋愛面でも落ち着き始め、余裕が出てくる時期ですよね。女性からも「頼れる大人な男性」と見られることが多いため、30代に見える男性はモテるのです。

見た目が若いほど良いというわけではありません。20代でも10代の若者に見える男性は、垢ぬけていなかったり幼い印象を与えてしまい、モテない場合があります。年相応の落ち着きと包容力を身につけた、ダンディなおじさまを目指しましょう。

おじさん認定される人はここが残念

老けているおじさん

「おじさん」と呼ばれる人には、共通して残念なポイントがあることを知っていますか?清潔感のない身なりや紳士的でない行動を続けていると、おじさんに仲間入りする可能性が高いでしょう。

ここからは、周りにおじさん認定されてしまう残念な言動をご紹介します。自分では気づいていない無意識のクセが、おじさんとして見られる原因にもなるため、当てはまる項目がある人は日々の習慣から気をつけることが大切です。

酒太り

お酒が好きな男性は多いでしょう。年齢を重ねると、ストレスをお酒で紛らわしたり、接待や飲み会に参加する機会も増えますよね。お酒の飲みすぎで太ってしまうと、おじさん化が一気に加速します。

なかでも内臓脂肪が溜まりお腹がぽっこりと出た「ビール腹」は、多くの中年男性が抱える悩みでもあります。男性はお腹まわりに脂肪がつきやすく、年齢が上がるほどついた脂肪が落ちにくくなるため、お酒が好きな人は注意が必要です。

お酒にも、太りやすいものと太りにくいものがあります。ビールやワイン、日本酒などは糖質が高く太りやすいため、大量に飲むことは控えましょう。飲み会などで選ぶなら、低糖質で太りにくいウイスキーや焼酎などがおすすめですよ。

髭が濃い・青い

髭に対して「かっこいい」「ワイルド」といったイメージを持っている男性もいるでしょう。しかし髭の男性が好きだという女性は少数派であり、良い印象を持たれない場合もあります。

ダンディなおじさまになるためには、清潔感が重要です。髭が濃かったり青髭が生えている男性は、清潔感がないように見え、おじさん認定されてしまいますよ。

髭を生やすなら、伸びっぱなしにするのではなく、綺麗に生やしましょう。きちんと手入れされて整った髭なら、清潔感を損なうこともありません。髭のスタイルも、あごの先を覆う「ゴーティ」や口まわりを囲む「サークル」などさまざまですので、自分に合う形を見つけることも大切です。

白髪・ハゲ

年をとると白髪が目立つようになり、髪の毛の質も変わってきます。なかには髪の毛が抜け、薄毛が目立ち始める人もいるでしょう。髪の毛は人の印象を左右する重要な部分です。白髪やハゲを放置していると、あっという間におじさん化してしまいますよ。

清潔感のある白髪は「ロマンスグレー」ともいわれ、似合っていれば女性にも良い印象を与えますが、手入れされていない白髪まじりの髪は不潔に見られます。白髪が似合わない人や、こまめなメンテナンスが面倒な人は、白髪を染めてしまったほうが良いでしょう。

ハゲも白髪と同じで、放置していると髪が乱れ不潔な印象を与えます。髪が薄くなってきた人は、育毛剤などを使用し対策をとるか、薄毛が目立たない髪形に整えるのがおすすめです。

体臭

一般的に男性は30代あたりから、体臭がきつくなる傾向が強いといわれています。匂いには自分で気づけないこともあるため、知らぬ間に臭いと思われていたら困りますよね。

男性は多くの場合、30代あたりから「ミドル脂臭」という体臭が気になり始めます。ミドル脂臭とは「ジアセチル」という物質が引き起こすにおいのこと。後頭部や首のまわりなどから古い油のような臭いがする特徴を持っています。

ミドル脂臭にくわえ、40歳を過ぎると加齢臭も現れ始めるでしょう。ミドル脂臭と加齢臭が混じることで、より体臭がきつく感じられてしまうのです。

加齢にともなう体臭が気になる人は、こまめに体を洗いましょう。とくに皮脂の分泌が多い頭皮を念入りに洗えば、においのもととなる皮脂を洗い流せます。

スベるギャグ

おじさん認定されてしまう人の特徴の1つに、面白くないギャグを連発することがあります。若いうちは「元気で良いな」と思ってもらえても、中年を過ぎてスベるギャグばかり言っていると、まわりから引かれてしまうでしょう。

おじさんのギャグが面白くないと思われる原因は、センスが古いことにあります。年下の人に向けて上の世代のギャグを言っても面白さは伝わりづらいため、発するギャグの9割がスベってしまうのです。

ある程度年齢が上の人は、ギャグで場を盛り上げるのではなく、まわりの人の話に耳を傾けるまとめ役になりましょう。話を聞き的確なアドバイスをしていれば、落ち着いた大人の男性に見られますよ。

昔のモテ話を永遠にしている

「若い頃はモテたんだよ」と、昔の話ばかりしている人を見たことはありませんか?1度や2度なら問題ありませんが、同じモテ自慢を繰り返していると、まわりの女性や若者から煙たがられてしまいます。

本当にモテる人は年を重ねてもモテるため、昔の話ばかりをする必要もありません。魅力的なおじさまとして見られたい男性は、なるべく過去のモテ話はしないことを心がけましょう。

見境のない下ネタ

見境なく下ネタを言う男性は、女性からも苦手意識を持たれやすいでしょう。飲み会の場などでは、お酒が入ってつい気が緩んでしまうこともありますが、可愛げのない下ネタを連発する姿は、紳士的とはいえません。

お店などで大声で下ネタを言っていると、一緒にいる相手だけでなく従業員も引いてしまいますよ。ウケれば良いという思いから下ネタを言うのではなく、その場に合った振る舞いをすることも大切です。

動作がないのに「どっこいしょ」

普段から、疲れたときに「どっこいしょ」と口に出していませんか?動作があるわけでもないのに掛け声を発することは、おじさんの特徴だといえます。不意に出てしまう掛け声で、まわりからおじさん認定される場合もあるため、注意が必要です。

口癖は無意識のうちに声に出てしまうもの。「どっこいしょ」「よいしょ」などの言葉を発することが多い人は、意識して直しましょう。

見た目が若い男性の習慣

ジムで筋トレをする男性

実年齢より若く見える男性は、若く見える習慣を身につけています。日々のこまめな習慣が数年後の自分の姿に繋がりますので、若々しい見た目をキープしたい人は、紹介する習慣を実行してみてください。

スキンケアを怠らない

スキンケアは女性がおこなうもの、というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、乾燥しやすい男性の肌こそ正しいケアが必要です。年齢を重ねシミなどの肌トラブルが増えてくると、余計に老けた印象を与えてしまうため、日々のスキンケアを怠らないようにしましょう。

洗顔後や髭を剃ったあとに化粧水を使用するだけでも、肌にハリが出て若々しく見えますよ。とくに髭を剃ったあとは肌が傷ついており、肌荒れや乾燥などのトラブルが起きやすいため、化粧水やジェルでの保湿が欠かせません。

定期的に美容院に行く

ヘアスタイルは、他人に与える印象を大きく左右します。髪が伸びっぱなしだったりパサついていると、見た目も老けてしまいますよね。見た目を若く保ちたい人は、定期的に美容院に行き整えてもらうことが大切です。

こまめに美容院に行くことで、常に整った髪でいられるため「いつも清潔感がある人」として見られるようになります。清潔感があるおじさまは、女性からもモテやすいといえるでしょう。

ホワイトニング

歯の黄ばみは、他人から見ると自分で思うより気になるものです。ホワイトニングで歯の黄ばみを取り、歯を白く保っていれば、実年齢より若い印象を与えられます。

できるだけ手軽にホワイトニングしたい人は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉などを購入すると良いでしょう。市販の商品では人によって効果が表れにくい場合もあるため、確実に歯を白くしたい人は、歯医者でのホワイトニングがおすすめですよ。

紫外線対策

男性にも紫外線対策が必要だと知っていますか?

肌をそのまま放置していると、ダメージが蓄積されます。ダメージによって、しわやたるみが起こると「老け顔」になってしまうため、日焼け止めなどを塗り紫外線対策をおこなうことが大切です。

実年齢より若く見られたい人は、日頃から日焼け止めを塗る習慣を身につけましょう。こまめに日焼け止めを塗っていれば、紫外線のダメージが老化として表れることを防げるため、若々しい肌を保てます。

適度な運動

見た目が若々しい人は、引き締まった体形ですよね。良い具合に引き締まった体は、男女問わず魅力的だといえます。30歳を過ぎると若い頃より脂肪がつきやすくなるため、おじさん認定されたくない人は、適度な運動をおこない、体形をキープしましょう。

適度な運動は、顔のしわが気になる人にもおすすめです。筋トレなどの運動を習慣づければ、筋肉量が増え肌にハリが出るため、加齢にともなうほうれい線や顔のたるみなども改善されますよ。

カロリーを緩く気にする

多くの人は「中年太り」という言葉を聞いたことがあるでしょう。30代や40代になると、20代の頃より基礎代謝が低下するため、太りやすくなります。太ってしまうと一気におじさんに見られるようになるため、食べることやお酒が好きな人は要注意です。

中年太りを避けたい人は、カロリーを緩く気にする習慣をつけましょう。1日に摂取するカロリーの上限を決め、食事の際に大体のカロリーを把握しておくのがおすすめです。神経質になりすぎるとストレスが溜まり、暴飲暴食にも繋がってしまうため、あくまで「緩く」気にすることが大切ですよ。

30代~40代男性の1日の摂取カロリーの目安は、1,800kcal~2,200kcal程度といわれています。それぞれの運動量に合わせて、摂取カロリーの上限目標を定めてみてください。

年相応の服装

年相応の服装ができていない中年男性は、おじさんとして見られてしまいます。変に若作りした服装ではなく、年相応の清潔感があるファッションを選びましょう。

30代や40代の男性が柄シャツを着こなすのは難しくなります。コーディネートセンスに自信がある人以外は、無地のものを選ぶか、ネクタイなどの小物にさりげなく柄を入れる程度にするのが無難です。

着る服は、サイズ感も大切ですよ。サイズの合っていない大きめの服を着ていると、だらしなく見える場合があるため、試着してぴったりのサイズの服を買いましょう。

まとめ

中年のおじさんではなく、ダンディなおじさまとして見られるためには、実年齢より若い見た目を保つことが大切です。ご紹介したとおり、スキンケアや服装、生活習慣などに気をつければ、見た目が与える印象を大きく変えられますよ。

下ネタや面白くないギャグなど、嫌がられる言動を控えることも大切ですよ。紳士的なふるまいの男性は、女性からも好印象を持たれやすいといえます。年を重ねてもモテたい男性は、一般的におじさんといわれる習慣をやめ、落ち着いた大人な男性を目指しましょう。

大盛況!!大阪のギャラ飲みアプリ"bubble"が今アツい!!

楽しみたい夜に、出会えるエンタメ✨気になるあのコと今すぐ乾杯っ🥂

お仕事終わりにも、二次会にも💓

LINEで簡単登録♡時間を有効活用できる新時代の夜遊び✨

業界最安値でとってもお得♪

かわいい女の子、続々と登録中😎

大阪のギャラ飲み"bubble"を今すぐチェック♩

男性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_men

女性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_women

シェアする
N-magaをフォローする
【エヌマガ】N-maga人気の夜遊びスポットおすすめ情報が充実!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました