お触りOKなキャバクラは「セクキャバ」。特徴と料金相場まとめ

セクキャバで女性のおしりを触っている男性の手夜遊び
夜遊び キャバクラ

「セクキャバ」というジャンルのお店をご存知ですか?

聞いたことはあるけれど、実際に何をする場所なのか分からないという男性も多いでしょう。本記事では、セクキャバとはどういったお店なのか、料金はどれくらい発生するのかを徹底解剖していきます。

セクキャバとは?

キャミソール姿のはだけた女性

セクキャバとは、セクシーキャバクラの略称のことで「おっパブ」と呼ばれることもあります。基本的なシステムはキャバクラと同じですが、大きく異なるのは”女性の身体に接触できる”という点です。

キャバクラはキャバ嬢との距離を保った会話やお酒を楽しむ場所ですが、セクキャバは飲食に加えて身体に触れることも可能です。本番行為はできませんが、キスや女性の胸に触る・なめる等の行為を許可されています。

セクキャバの特徴

ソファの上でうつ伏せになる裸の女性

セクキャバには、セクキャバならではの個性的な特徴がいくつかあります。キャバクラと異なる点がたくさんあるので、お店に遊びに行く前にしっかりと予習していきましょう。

照明が暗い

セクキャバの店内は周りが見えづらいほど照明が暗く、ムードたっぷりの空間になっています。これは、女性の身体を触っているところを見られるのが恥ずかしいという、男性の気持ちを汲んだ作りになっているからです。

また、ソファもほかの利用者から見えないようブースごとに仕切られており、プライバシーがしっかり確保されています。

ソフト系とハード系セクキャバがある

セクキャバには、「ソフト系セクキャバ」と「ハード系セクキャバ」の2種類が存在します。

ソフト系セクキャバは、女性が胸を露出することがありません。そのため、女性の胸に触れるときは洋服の上から触ることになります。また、キスは禁止というところが多いでしょう。

ハード系セクキャバは、過激なサービスも許可しているセクキャバです。キスや上半身はもちろん、下半身へのお触りもできるので、ソフト系セクキャバで物足りないという人はハード系セクキャバを選びましょう。

ハッスルタイムがある

基本的にセクキャバでは、店内に入った瞬間から女性に触れるわけではありません。1セット(40~50分)に3回ほど、店内が真っ暗になりBGMの音量が上がる「ハッスルタイム」という時間がまわってきます。ハッスルタイムは1回につき5分程度。男性はこの時間に限り女性にお触りできるのです。

しかし、店によってはハッスルタイムがないところもあります。その場合は、席に着いた瞬間から女性に接触できるので、女性との雑談抜きで身体に触れたいという人はハッスルタイムがない店を選びましょう。

セクキャバの相場は?

クレジットカードを差し出す男性の手

キャバクラよりもさまざまな過激サービスが受けられるセクキャバですが、値段が高いのではないかと気になりますよね。

以下の表で、キャバクラとセクキャバの料金幅を見てみましょう。

利用店名料金(1セット40~50分)
セクキャバ約8,000円
キャバクラ5,000円~7,000円

セクキャバの相場は、1セットで8,000円程度。キャバクラの相場は1セット5,000~7,000円。キャバクラの相場と比較しても突出して高いわけではなく、考えられているほどの割高感はありませんよね。

キャバクラに行くよりも少し多めにお金を出せば、女性へのお触りもできるようになるのは男性にとっても嬉しいポイントでしょう。セクキャバが気になった人は、ぜひお店に足を運び至福のときを過ごしてくださいね。

まとめ

セクキャバと一概にいっても、店舗によってサービスの種類は異なります。事前にしっかりとチェックしてから来店しましょう。セクキャバはどのようなことをするのか分からなかった人も、本記事で疑問を解消できていたら幸いです。

大盛況!!大阪のギャラ飲みアプリ"bubble"が今アツい!!

楽しみたい夜に、出会えるエンタメ✨気になるあのコと今すぐ乾杯っ🥂

お仕事終わりにも、二次会にも💓

LINEで簡単登録♡時間を有効活用できる新時代の夜遊び✨

業界最安値でとってもお得♪

かわいい女の子、続々と登録中😎

大阪のギャラ飲み"bubble"を今すぐチェック♩

男性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_men

女性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_women

シェアする
N-magaをフォローする
【エヌマガ】N-maga人気の夜遊びスポットおすすめ情報が充実!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました