結婚は若い女性に限る!?若い女性と結婚するメリットデメリットを紹介

ブーケを持った新婦をうしろからハグしている新郎恋愛
恋愛

昔から男性は「若くて健康的で妊娠が期待できる女性」を本能的に求めるため、男性が若い女性に対して魅力を感じるのは自然なことです。

若い女性と結婚するというのはどんな感じなのか。一度は妄想を膨らませたことがあるのではないでしょうか。仕事から帰宅し、玄関のドアを開けるとエプロン姿の若くて可愛い奥さんが笑顔で出迎えてくれるのはまさに理想の家族像。

そこで今回は、若い女性と結婚するメリット・デメリットを紹介します。すでに若い女性とお付き合いをされている人はもちろん、これから探したいと思っているひとも生涯を共にする女性選びの参考にしてくださいね。

若い女性が思う年上男性の魅力とは?

ベッドで顔を寄せ合う男女

はじめに、若い女性は同年代の男性ではなく、年上男性に惹かれてしまうのかをお伝えします。若い女性と付き合いたい、結婚したいと考えている男性は必見です。あなたの魅力の再発見もできますよ。

寛容さ

ゴージャスなソファに座る男性

年上男性の魅力としてよく耳にするのは「寛容さ」です。女性と男性は同い年でも3歳くらい精神年齢に差があるといわれており、実際その差を体感している女性は多いでしょう。

そのため精神年齢が自分より大人で、スマートに物事をこなす男性は、若い女性にとって魅力的に映り、恋に落ちやすいと考えられます。

男性側からしても、相手が「若い女性」だと守ってあげたいという本能が働くため、多少のわがままであれば許してあげようという気持ちになりますよね。

知識が豊富で尊敬できる

女性の手に重ねながら生地をこねる男性の手

若い女性にとって世の中は初めてもので溢れています。たとえば、晴れて大学を卒業し社会人を経験する、一人暮らしをするなど。女性の年齢が若いほど、男性は女性にとっての初体験に関わる可能性も高くなります。

そのようなタイミングで自分の人生経験を活かしたアドバイスができると相手はあなたのことを「かっこいい」「一緒にいたら安心する」と感じ、あなたへの評価は高くなるでしょう。

今も昔も結婚の条件に「尊敬できる人」を掲げている若い女性も多いため、困っている様子であれば積極的に悩みを聞き出し、優しさと知識で女性に接してあげることをおすすめします。

金銭面に余裕がある

スーツを着た男性の手に置かれたブタの置物

金銭面の余裕は、心の余裕にも直結するため、若い女性が重視するポイントです。たとえば若い女性と年上男性がデートした場合、男性が割り勘を申し出てきたり、極度にケチな一面が見えたりすると相手は引いてしまいます。

女性年齢が若ければ若いほど、投資した分だけ相手を魅了できます。食事代の支払いだけではなく、何気ない日のプレゼントも若い女性にはとくに効果抜群。高額なものだけでなくサプライズ性があるプレゼントもおすすめです。

日常会話の中から相手の好みをさりげなく聞き出し、関連したプレゼントを相手に贈れば、一瞬で「できる男」へと格上げされますよ!

そして最近は結婚後も共働きが主流となっていますが、専業主婦として家を守りたいと考えている女性も多いため、金銭面にまだ余裕のない同い年の男性に比べると、金銭面に余裕がある年上男性は若い女性にとって非常に魅力的に映ります。

若い女性と結婚した場合のメリット

林で女性をバックハグする男性

ここからは若い女性と結婚すると得られるメリットについて具体的にお伝えします。結婚を決断することは簡単ではありませんので、以下の特徴があなたにとってメリットと感じられるかチェックしてみてください

周りに羨ましがられる

結婚式でブーケを持ち手を上げる新婦

何歳になっても男性は若い女性に魅力を感じやすいもの。そのため若い女性と結婚することで、周囲の男性からは羨望の眼差しを向けられることでしょう。

どんなに美意識の高い女性でも若い女性の肌の張りや髪の毛の艶には勝てないので、同年代の夫婦に比べ、自分の奥さまの年齢が若いだけで自慢できます。

また、若い女の子を奥さんにできたということは、男性として魅力があると思われ、周囲からのあなたへの評価も上がるでしょう。

自分も若々しくいられる

遊歩道で手を繋ぎ、顔を寄せ合うカップル

若い女性と結婚したことで、以前より清潔感のある服装や体型維持を気にするようになったという男性は少なくありません。

なぜなら見た目年齢差があまりにも大きすぎると、パパ活と周りに勘違いされたり、若い女性側があなたに魅力を感じなくなってしまう可能性があるからです。

結婚してからも美を意識し続けることは少し大変かもしれませんが、結果的に実年齢より若く見られ、健康管理もできるので一石二鳥です。

喧嘩にならない

男性の頬をボクシンググローブで殴る女性

同い年カップルに比べて、年齢差があると喧嘩に発展する回数が少ないといわれています。理由としては喧嘩に発展しそうな場面であっても、男性側が感情的にならず冷静に話し合いができる確率が高いからです。

なぜ感情的になりにくいのかというと、相手が若い女性だと思考面に関して自然に相手への期待値が下がるから。自分と同い年の女性には求めてしまう考え方でも「この年齢だと理解が難しいかな」という風に、良い意味で譲歩できるのです。

喧嘩することは決して悪いことではありませんが、感情的な状態での話し合いは、別れに繋がることもあります。そんなとき冷静に問題点と改善策を話し合えれば、信頼関係は深まり、より穏やかで幸せな日々が過ごせるでしょう。

子どもを望める可能性が高い

親の手に置かれた赤ちゃんの足

自分が年齢を重ねていたとしても、相手が若い女性であれば自分の子孫を残せる確率も上がります。もちろん最近では晩婚の影響で40代での出産も珍しくありません。しかし、出産や子育ては想像以上に体力や精神力を必要とするため、若い女性の出産はいろいろな意味でリスクを減らせます。

若い女性と結婚した場合のデメリット

新郎新婦の置物

こちらの項目では、若い女性と結婚するデメリットを紹介します。メリットがあればデメリットもありますが、大切なことはあなたにとって絶対に譲れない、許せないところを明確にすること。

結婚は相手を理解することや許しあうことの繰り返しです。しかし、妥協できない点は誰にでもあります。あとから後悔しないためにも、若い女性との結婚におけるデメリットを受け入れられるかチェックしてみましょう。

ジェネレーションギャップを感じやすい

カフェでipadを触る笑顔の女性

ジェネレーションギャップは、「年の差」の一番の敵だといっても過言ではないでしょう。年の差が開くほど、経験してきたことに違いが生まれ共感するということが難しくなります。

懐かしの音楽が流れて「懐かしい」とあなたは感じていても、相手は知らない曲だということもあるでしょう。共感してほしいタイミングで相手から共感が得られないと寂しい気持ちになりますよね。

対策としてはお互いの価値観を尊重し、過去ではなく現在で二人が共感できる部分を増やしていくことです。過去は共有できなくても未来は共有できます。2人の好みを合わせ、共通点をたくさん作っていきましょう。

妻に嫉妬しやすくなる

手錠で繋がれた男女

若い女性と結婚した男性は嫉妬しやすいと言われています。とくに「自分の見た目に自信がない人」や「若いころたくさん異性と遊んでいた経験がある人」は相手を束縛する傾向も。

奥さまが若い男性に目移りしてしまうのではないか、という不安が大きな原因ですが過度な束縛はお互いの人生の幅を狭めてしまいます。不安な思いを感じる場合も、自分の魅力を信じ、大人の男性として構えることが大切です

定年や介護の心配

木の幹でキスをする年老いた夫婦


介護などは、若い女性と結婚するにあたり、避けては通れない大きな問題の一つですよね。しかし、誰しもが通る道なので、事前準備が非常に大切。そのため少し重たい内容にはなりますが、結婚する前に相手とよく話し合いをすることをおすすめします。

結婚するまでにいくら貯金しておく必要があるのか、自分の親の介護や自分が介護してもらわなければならなくなった場合はどうするかなど。

若い女性を奥さんにもらうということは、この類の経験者が周りに少ない可能性もありますので奥さまが安心してその日を迎えられるように今のうちから対策しておくと良いでしょう。

セックスレスの可能性が高い

ウッド調のインテリアが置かれた寝室

男性の性欲は30代を境に減少するのに対し、女性は30代を境に上昇する傾向です。また、同時に体力の問題も出てくるため、若い女性を奥さまにした場合、夜の営みの頻度は話し合いが必要かもしれません。

また年の差が大きすぎる場合、奥さまが妹のように見えてしまい、異性として意識できなくなってしまったという事例も少なくありません。

対策は「慣れに甘えすぎない」こと。毎日一緒にいるからといって、身だしなみに気を使わなくなったり、言動や行動が雑になりすぎると危険です。異性であることを、お互いが意識し続けることが大切。

たとえばデートに行くときは、おしゃれをしたり、体型管理を怠らないなど、程よい緊張感をお互いに維持できるとよいでしょう。

年の差は離婚へ繋がりやすい?

髪にキスをする男性の肩に顎を乗せる女性

年齢の差が原因で離婚がしやすくなるとは断言できません。なぜなら、年の差があろうと同い年であろうと、「結婚はお互いがどれだけ相手を許し、受け入れられるか」にかかっているからです。

結婚相手といえども、元々はただの他人で、育った環境も価値観も違うのですから、上手くいかないことも多々あります。また結婚となると当本人たちの問題だけではなく、親族関係が問題となることもあるでしょう。

離婚を避けるための対策としては、何年経っても2人でコミュニケーションを図り続けること、付かず離れずの程よい距離間を維持するなど、相手に対して許せることを増やすことではないかと考えます。

若い女性と出会える場所

ドレス姿でシャンパンを乾杯する3人の女性

若い女性と出会える場所はさまざまです。SNSや公共の場で出会えますが、なかでもとくに確率の高いものをご紹介します。若い奥さまを手に入れたい人は活用してみてください。

婚活サイト

トレーの上に置かれたロックグラスにストローが刺さったたくさんのお酒

金銭面に余裕がある人は婚活サイトをおすすめします。なぜなら、自分が結婚相手に求める希望を明確に伝えられたうえで、第三者からみて相性が良いと思った人を紹介してくれるからです。

恋愛をはじめるにあたり、面倒なのが「出会う」という工程。

婚活サイトであれば、お金で時間を買うので、時間を効率よく使えるうえに、良縁も期待できるでしょう。

婚活サイトで若い女性との出会うためには注意点があります。それはプロフィールに記載できるスペックがあるかどうかということ。婚活サイトで売れている人条件は「女性は若さ、男性はスペック」です。

自分のスペックが相手の条件に当てはまらない場合、婚活サイトであっても若い女性と出会える確率は下がる可能性もありますのでお気を付けください。

ナンパや合コン

クラブ会場で手をハートの形にしている女性

若い女性と出会いたいのであれば、若い女性が集まる場所に行くことが鉄則です。Barやクラブなど、ナンパしやすい場所で声をかけるか、は街でナンパしてみたり、合コンに参加して、目当ての女性を探すというのもよいでしょう。

最近では街コンなど、出会いを求める男女のためのイベントが数多く開催されているため、気になるイベントに積極的に参加するというのもおすすめです。

まとめ

今回は若い女性が感じる年上男性の魅力、若い女性と結婚した場合のメリット・デメリットを紹介しました。デメリットに関しては、コミュニケーションを図ることでしっかりカバーできるものばかりでしたよね。

最近では、

  • 結婚に興味がない
  • 経済力に自信がないから結婚は考えられない
  • 今は彼女を作りたくない

などの草食系男子と呼ばれる男性が増えています。そのため、同年代に魅力を感じない若い女性が、30~40代の男性を狙ってくる確率は高いでしょう。

今彼女はいないけど若い女性と付き合ってみたい男性は、今日紹介した「年上男性の魅力」を最大限に発揮し、若い彼女をGETしてくださいね。


大盛況!!大阪のギャラ飲みアプリ"bubble"が今アツい!!

楽しみたい夜に、出会えるエンタメ✨気になるあのコと今すぐ乾杯っ🥂

お仕事終わりにも、二次会にも💓

LINEで簡単登録♡時間を有効活用できる新時代の夜遊び✨

業界最安値でとってもお得♪

かわいい女の子、続々と登録中😎

大阪のギャラ飲み"bubble"を今すぐチェック♩

男性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_men

女性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_women

シェアする
N-magaをフォローする
【エヌマガ】N-maga人気の夜遊びスポットおすすめ情報が充実!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました