クラブって何?今さら聞くのも恥ずかしい”キャバクラ”との違いを徹底解説

クラブとキャバクラの違い夜遊び
夜遊び キャバクラ クラブ
この記事は約8分で読めます。

今回は知って損なし!いまさら聞けないクラブとキャバクラの違いを紹介します。

ネオンがキラキラと輝く夜の世界。一度足を踏み入れると、抜け出せなくなるほど魅力が詰まったお店が多いですよね。しかし各店舗において営業スタイルに大きな違いがあります。

知らなかったでは済まない料金が発生することも。安心して夜の街を楽しめるようにクラブとキャバクラの違いを理解していきましょう。

キャバクラとは

「キャバ嬢」と呼ばれる女の子たちが席に座り、接客をしてくれます。お店の規模には多少の差はあるものの、煌びやかな内装でカラオケを設置している店舗も多い印象です。

またクラブには「ママ」が存在しますが、キャバクラには「ママ」は存在しません。ママの存在が嫌でキャバクラでしか働かないという女の子もいます。ママがいるとどうしてもボス感がでるため、自由な雰囲気が好きな人はキャバクラがおすすめですよ。

客層は大学生~50代くらいと幅広くなっています。基本的にドレスコードもないため、カジュアルな装いで来店しやすいことも特徴です。

クラブとは

「ホステス」と呼ばれる女の子たちがキャバクラ同様、隣に座り接客をしてくれます。クラブは基本的に会員制が多く、紹介での来店となるためお客さんの質が良いとされています。

質を守るためカジュアルすぎる服装はNGのお店が大半です。そのため来店前にお店のシステムを確認しておくことをおすすめします。

クラブの中でも高級クラブに該当するお店には、有名芸能人もよく訪れています。客層は30代~60代くらいが平均的で会社の社長さんなどがメインです。

ママとの信頼関係ができているからこそ、大事な接待などで利用する人も多い印象です。またクラブにはママが在籍しており、大きな店舗ではママが複数いることもあります。ママ本人がお店の顔のような存在であるため、ママの一流の接客が受けられるのはクラブの特徴です。

価格の違い

キャバクラは時間制で料金が発生します。1セット90~120分程で5000円~7000円が相場。

引用画像:https://doresu.net/

セット料金にハウスドリンク代も含まれているので、ドリンクは飲み放題。ただ席についた女の子にお酒をおねだりされ、承諾した場合はもちろん料金が発生しますのでお気を付けください。

ちなみに女の子のワンドリンクは「1000円~2000円」が平均です。

あとで記述しますがキャバクラには指名料もあるため、遊び方によって料金は大きく前後することも忘れないでくださいね。

一方クラブは時間制限なしです。しかし席代として30000円~50000円が相場です。もちろん一人分の料金です。複数で来店すると席に座るだけで10万円超えもザラにあります。しかもクラブの席代にはドリンクは含まれていません。

そのためボトルやシャンパンを入れることが一般的です。ボトルも一番安価なものでも1万円ほど。安く楽しみたい人には不向きな料金システムですね。

特徴の違い

こちらの項目では、キャバクラとクラブの決定的な違いについて解説していきます。似ているようで異なりますので、クラブやキャバクラ初心者の男性は覚えておいてくださいね。

キャバクラ

キャバクラの特徴として最も大きなものといえば「指名制度」です。指名の種類として「本指名」と「場内指名」があります。

またお店側は指名をしているお客さんを「指名客」、指名をしないお客さんを「フリー客」と分類します。「本指名」とは、自分が退店するまで指名した女の子に接客をしてもらえるシステムです。

もちろん人気キャバ嬢の場合、ほかのお客さんが本指名することもあります。
その場合は一時的にヘルプの女の子が席につきます。できるだけ気に入った女の子と一緒に居たい!のであれば同伴から女の子にアプローチをすることをおすすめします。

場内指名とはフリー客として入店し、交代で席についてくれる女の子の中からお気に入りの子を見つけた時に指名できるシステムです。

場内指名のメリットは初めてのお店でもタイプの女の子をじっくり見定められます。しかし何度も足を運んでいるのにずっとフリー客でいると女の子からの印象はあまりよくありません。なぜなら、「本指名」と「場内指名」は女の子たちのお給料に直結するからです。

そのため気に入った女の子を見つけたのであれば、本指名をしてあげましょう。女の子との心の距離が近づくきっかけにもなりますよ。

もちろん遊び方は様々なので強い気持ちをもってフリー客を貫くのもOKです。

クラブ

クラブの特徴として一番大きなものは「ママ」の存在があることです。「ママ」はそのお店の責任者のような存在。

ママは本人の売り上げ管理はもちろんのこと、女の子や黒服の育成など幅広い業務をこなします。
ママの質が良いお店は繁盛しているともいわれます。

クラブは都度の指名ではなく「永久指名」制度のお店が基本です。ママ繋がりでの初来店であれば売り上げはママにいきます。

また初来店時のみ、一人だけ指名をすることも可能です。その場合は指名した女の子が基本的には未来永劫接客をしてくれ、売り上げもその子のものです。

同伴ノルマというシステムもあります。そのため、ママ繋がりでお店に来店しても、席に着くホステスたちに同伴を誘われるかもしれません。

ホステスたちは同伴ノルマが達成できないと、お給料から天引きされたり、出勤停止になるお店もあります。最近は「店前同伴」という同伴システムもあります。一般的に同伴とは、女の子の出勤前にどこかで食事をし、そのまま一緒に来店するというシステムです。

同伴の約束=来店の確約

しかし、忙しくてなかなか食事の時間が取れないという場合は店前同伴を利用する場合も。

店前同伴とは、食事はせず、お店の前で待ち合わせをし、一緒にお店には来店するというコスパが良い同伴システムです。

女の子たちは、同伴=来店確約がノルマとしてかかっているだけ。

そのため、どのみち来店予定なのであれば同伴してあげると女の子から非常に感謝されますよ。クラブは風営法の問題上、深夜1時頃に閉店するお店がほとんど。閉店後にアフターシステムを利用し、別のお店でホステスと続きを楽しむ選択肢があります。

もちろん女の子の飲み代やタクシー代は自分持ちです。お気に入りホステスの、リラックスした表情を見られるメリットがあるので、アフター好きの人も多い印象です。

女の子の質

容姿、会話力、知識量すべてにおいて基本的にはホステスは飛びぬけています。お店の料金設定が高い分洗練された女の子たちが在籍しているということですね。

  • 質の高い接客、より質の高い女の子を求めるのであれば「クラブ」へ
  • 友達感覚でワイワイ女の子と楽しみたいなら「キャバクラ」へ

というところでしょうか。

最近は高級キャバクラというジャンルも人気です。高級キャバクラはモデル級の女の子たちが勢ぞろいしているお店。

シャンパンタワーの映像などがSNSでもたくさん流れています。夜のお店でどんな自分を演じたいかによってお店をすみ分けると良いでしょう。

まとめ

今回は、クラブとキャバクラの違いについてまとめました。値段や気軽に足を運べるという点では、キャバクラになるのではないでしょうか?

ただクラブには、クラブでしか味わえない価値があります。

キャバクラとクラブ、どちらも代わりの効かない魅力があります。どちらの選択であれ、お財布との相談が一番です。無理は禁物なのでお酒に飲まれないよう十分気を付けてくださいね。

関連記事はこちら


大盛況!!大阪のギャラ飲みアプリ"bubble"が今アツい!!

楽しみたい夜に、出会えるエンタメ✨気になるあのコと今すぐ乾杯っ🥂

お仕事終わりにも、二次会にも💓

LINEで簡単登録♡時間を有効活用できる新時代の夜遊び✨

業界最安値でとってもお得♪

かわいい女の子、続々と登録中😎

大阪のギャラ飲み"bubble"を今すぐチェック♩

男性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_men

女性はこちら▶︎https://lp.bubble.jpn.com/main_women

シェアする
N-magaをフォローする
【エヌマガ】N-maga人気の夜遊びスポットおすすめ情報が充実!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました